3. 労働購入形態(雇用形態)の変化と活用


失業率の高止りと正社員待遇の下方硬直性から、正社員雇用が減少し、外部企業との 業務請負契約または個人自営業者との業務サービス契約による業務のアウトソーシング、 派遣社員の長期的・継続的使用が増加しています。 法規制の実態または緩和は国によ って異なりますが、中大企業正社員擁護を主サービスとする労働組合および労働側は抗 しきれず、Global Competitionの下で合理化・効率化・企業競争力の保持が進行中です。

NGMは多様な労働購入形態の活用についてのご相談に乗り、 かつ実施のお手伝いをいたします。